働きながらの転職活動方法とコツ

働きながら転職活動をするメリット

転職活動を考えている人にとって、今の職場で働きながら在職中に転職活動をするべきか。

 

それとも退職をしてから時間的に自由な状態で転職活動をした方がいいのかは永遠の悩みだと思います。

 

自分も転職を2回しまして現在の職場にいますけど、2回の転職活動では「辞めてから」のものと「在職しながら」の両方を経験しました。

 

なので個人的には、悩んでいる人には「絶対に働きながら転職活動を行った方がいい!」と言いたいです。

 

みなさんの職種や職場の状況にもよりますが在職中の転職活動は相当な時間的制約があってきついのはわかります。

 

でも、働きながら転職活動をすることによる最重要なメリットがあることは意識して欲しいのです。

 

 

働きながらなら、転職活動が失敗に終わったとしても生活に困ることがない

 

 

これの一点につきます!

 

これは本当に大事です。

 

この大事なメリットについては、具体的に自分の転職活動の経験を参考にしてもらえればもっと意識できるようになるかと思います。

 

そして、このサイトでは働きながらの転職活動方法とコツを自分の経験則からお伝えしたいと思います。

自分の1度目の悲惨な転職活動

現在の会社は3社目です。

 

結構残業は多い方ですが、残業代もちゃんとつきますし給料と仕事内容には結構満足しています。

 

転職活動に成功したと言えると思います。

 

しかし、最初に新卒で入社した会社から次の会社に転職する際は完全に失敗していました・・・。

 

最初に入った会社が嫌になって、我慢できずに会社を辞めて転職活動をしたのですが、これが大失敗でした。

 

「会社を辞めてから転職活動をする」

 

これは、一見時間的にも余裕を持って転職活動ができるというメリットがありそうですが、デメリットの方がはるかに大きいことに気づきました。

 

大きなデメリットとしては、、、、

 

転職活動がにスムーズにいかないと、職歴が空いてしまうのに焦って当初の希望条件よりもランクを落とした転職先で妥協してしまう

 

仕事してない状態で転職活動していると、面接の時に足元を見られる

 

仕事してない状態なので、遊んでしまったりしてダラダラとした転職活動になってしまう

 

特に、1番最初に挙げたデメリットが自分には大きかったですね。

 

1社目よりもキャリアアップ、少なくとも給料面などで現状維持するつもりが結果的に転職した2社目の方が条件が悪かったですから・・・。

 

まさに、職が決まらなくて焦って「ええ〜い、せっかく内定もらったんだからここでいいや〜〜!」ってなってしまって転職した意味があまりなかったという・・・。

 

職種も希望のものではなかったですし。

 

なので、我慢しながらでも転職活動は在職中にやるべきだなと痛感しましたね。

2度目の転職活動方法は働きながらで成功!

1度目は会社を辞めてから転職活動して失敗したので、その反省を生かして2度目の転職活動はなんとしても働きながらやりました。

 

2社目が1社目以上に待遇が悪かったということもあったのですが、とりあえず2年は我慢して仕事しました。

 

さすがに嫌だからといってすぐに転職活動しても、半年とかで辞めてしまったら心象が悪いだけですからね。

 

しかし、とりあえず在職中の転職活動ということで焦りはないことは最大のメリットですが、面接などの調整が大変です。

 

自分の場合、シフト制とかではなく普通に土日休みの仕事だったので色々と工夫する必要がでてきます。

 

これが、現在の仕事や狙っている会社がシフト制で土日とかに営業していたらもっと面接の調整は楽なんですけどね。

 

平日休みとかの人たちがうらやましいな〜なんて、この時は思いましたよ(笑)

 

しかし、現状に泣き言を言っても始まらないので戦略を立てました。

 

現在より給料や職種という面でキャリアアップできて、なおかつ現在の職場で波風立てないように転職活動する方法を考えました。

 

現在の職場も、転職したい職場も土日休みの場合は以下の方法で面接の日程を確保するしかないと思いました。

 

夜に面接を設定してもらう

 

面接日に予め有給をとる

 

仕事中に抜け出して面接に行く

 

仮病を使って面接に行く

 

この4パターンに絞られるんじゃないでしょうか。

 

理想は2番目の有給をとるという方法なんですけど、そう簡単に面接日に有給をピンポイントでとるのは難しいものです。

 

3番目の仕事中に抜け出していくのは、営業とかで外回りをしている人だったらやりやすいかもしれないですね。

 

最後の、仮病を使うというのは「ここが勝負だ!」と思う時だけに使うべきですね。

 

何度も仮病使ったら、現在の職場に確実に怪しまれるので・・・。

 

実際に自分も、とっておきの手段として仮病を使いました。

 

世の中の転職活動をしている人たちも、仮病という手段を使っている人は「言わないだけ」で結構いるような気がします。

 

まあ、この4つの方法を上手く活用して面接の日程調整をしたのでなんとか希望の転職先の面接を受けることができました。

 

そして、忘れてはいけないのが「転職エージェントの活用」です。

 

最初に挙げた「夜に面接を設定してもらう」というのは、転職エージェントの得意技だったりします。

 

在職中だからこそ、面倒な企業とのやりとりをエージェントに任せたおかげで自分の負担は軽減された気がします。

 

転職エージェントは、企業側からマージンをもらっているので利用する我々は無料なので活用しない方がもったいないです。

 

とりあえず登録するだけでも損はないので。

 

結果的に、自分の希望している条件にあった2社に応募してそのうち1社から内定を得ることができて現在の会社にいます。

 

在職中だからこそ、あんまり頻繁に面接に行けないので本当に希望しているところに絞る必要があります。

 

ダメだったら、また少し時間を置いてから動けばいいんです。

 

とりあえず生活は保障されてますからね。